finance

返済プランを考える

決済サービスを利用する業者も多いですが、決済代行会社ならスムーズに取引ができます。会社の比較をして依頼する業者を選びましょう。

事務手数料には定額と定率があります

住宅ローンを組むのであれば諸費用についてもしっかりと確認をしておきましょう。金利ばかりに目を奪われて契約を進めていたら初期費用がかなりかかったという目にあった人も少なからずいます。住宅ローンに係る費用は金利だけではありません。当初契約をする際に支払うことになる事務手数料や保証会社に支払う保証料も無視できない金額です。抵当権などの設定費用なども含めれば住宅ローンの申込額の2%から3%を見ておくと無難です。特に事務手数料については、定額である金融機関と定率である金融機関があります。定額であれば申込金額を気にする必要はありませんが、定率の場合、申込金額が増えれば事務手数料も増えるので気を付けましょう。

返済計画を考えて住宅ローンを選ぼう

定率の事務手数料を取る住宅ローンの場合、金利水準が平均と比べて低めになっていることが多いです。もしも、魅力的な金利水準の住宅ローンを見つけたらまずは事務手数料がどれくらいなのかということを確認しておく必要があります。金融機関からしてみれば事務手数料として多くの収入を得ておく方がメリットが大きいです。なぜならば、住宅ローンの申込者が繰上げ返済をしてしまう可能性もあるからです。利益を先取りしておけば繰上げ返済をされてもわずかな痛みで済みます。逆を言えば、住宅ローン申込者からみれば、多くの事務手数料を支払っておきながら繰上げ返済をしてしまうことは費用を無駄にかけたことになってしまうのです。住宅ローンを組んだ後どのように返済をしていく予定なのかきちんと考えて住宅ローンを選びましょう。

金利を比べる

money

住宅ローンを利用する場合気をつけるべき点として利息があります。契約するお店によって金利などが変わることもあるのでローンを提供している会社については詳しく調べた方が安全です。

Read more

返済手数料に注目

money

住宅ローンは審査が通れば契約することができますが、返済中のことも念頭にいれておくことが大切です。固定金利型のローンだと、返済手数料がかからないサービスもあるので、どのサービス利用するかで金額も変動します。

Read more

比較した上で決める

money

住宅ローンをする際は、一社を見てから契約するよりも複数の会社の内容を見てから決めた方が選択の幅が増えますし、サービス内容の違いによって返済する金額が少なくなることもあるので比較は大切な行動です。

Read more